2016/12/12

ROSチュートリアル2-トピックを知る-

前回のROSチュートリアル1-ノードを知る-の続きですのでこれをこなしていることを前提とします。

今回はトピックについてやります.

2016/12/11

ROSチュートリアル1-ノードを知る-

LSD-SLAMをカメラでやる前に,ROSチュートリアルを進めます.
LSD-SLAMついでにやろうと思ったんだけど結構つらそうだから.
いくつか飛ばして,

2016/12/10

LSD-SLAMをROSで試す2-カメラの設定とキャリブレーション-

https://noshumi.blogspot.jp/2016/12/lsd-slamros1.htmlの続きです.

さて、LSD-SLAM、折角ですので自分でカメラを動かしてやってみましょう
usb_camっていうノードを入れて、キャリブレーションします

2016/12/09

LSD-SLAMをROSで試す1-インストールとビルドとクイックスタート-

ROSそのものの話も続けたいと思うのですが、

ROSは所詮ロボットを動かすためのツールです

せっかくROS と visual SLAMのブログなのでまずはvisual SLAMを試してみましょう

2016/12/07

ROSの導入1.5 -ubuntu 起動した後真っ黒に-

私がubuntu を入れた時

ubuntuをせっかく入れたのに、真っ黒な画面になってしまいました

https://noshumi.blogspot.jp/2016/12/ros1-ubuntu1404lts.html

結果から言えば、原因はグラボとの相性が悪いことでした

2016/12/06

ROSの導入1 -ubuntu14.04ltsの導入-

今回からROSを導入してみます

最終的に構成したいのは

ubuntu14.04lts+ROS indigoとします

とりあえず安定しているからです

2016/12/05

ROS(Robot Operation System)について

前回までで

SLAMの概要について述べたあと、visual SLAMに触れました

これからはvisual SLAMについてアルゴリズムとか述べていこうと思いますが、

やはりこうゆうのは実際に動かしながら勉強する方が楽しいものです

色々なSLAMを実行できるROS(Robot Operation System)を紹介することにします

2016/12/04

Monocular SLAM,Visual SLAMの利点,欠点,適用先

Monocular SLAMがとは単眼のカメラを用いて行うSLAMでした.

これ以降の記事ではMonocular SLAMについて主に述べていくことになると思います.

カメラはセンサとしてありふれており,カメラを搭載する様々なものでSLAMすることができます.

センサとしてカメラの特徴は「軽量」,「安価」であることがまず主張されます.

しかし,センサの性能としても有用です.

2016/12/03

いろんなセンサでSLAMする

SLAMとは外の状態を観測するセンサ即ち外界センサを用いて自己位置推定と障害物位置推定を同時に行う手法であった.

ではそのセンサとはどのようなものがあるのか.今回は見ていきます.

外界センサを用いればOKなので以下以外のセンサを使うことももちろんありです.

2016/12/01

自律走行やARに必須なSLAMとは?

自律移動、夢のあるワードです

車は運転する必要はないし、コタツから出たくなければロボットにもの持ってきてもらえるし

さて、それにはまず第一に自分の位置と障害物の位置がわかることが必要です

2016/11/30

なにをしようか

こんにちは、ここはSEに就職間近の修士2年生が研究内容とか、新入社員になって直面することを書いていくブログです。