2016/12/06

ROSの導入1 -ubuntu14.04ltsの導入-

今回からROSを導入してみます

最終的に構成したいのは

ubuntu14.04lts+ROS indigoとします

とりあえず安定しているからです

ubuntuでltsって最後についているのは長期サポート版なので

これの新しいバージョンが出た時に必要に応じて新しいバージョンにすればいいとおもいます

最新が16.04ltsですが、今んとこ必要ないんでバージョンアップしていません

ROSも毎年バージョンアップしていますが、それも必要なら新しくすればいいと思います

indigoは14.04ltsに対応して長いサポートになっているので

そんな感じで新しいltsに対応したROSがでるか、サポート期限が切れたら変えようかな

ちなみにROSの最新版はkineticです

頭文字がバージョンアップごとにアルファベット順で増えていくのでindigoの2バージョンあとですね

はい。

では、ROSが公式サポートしているOSはubuntuなのでこれを入れます



Windowsで動かす方法もあるらしいですが情報少ないし避けたほうがよさげかと

OSっていうのはWindowsとかMacOSとかのことです

ubuntuはUNIXであるlinuxの一つです

Windowsに比べて軽くてカスタマイズ性が高くて無料です

使う方法はいくつかあります

私が説明するよりも有能なブログがいっぱいあるのでそこへのリンクを貼っていきます

ただし、操作を誤るとパソコンのデータを壊しますので、そのリスクがあることを念頭においてください

また、当ブログの情報を用いて行う一切の行為,被った損害,損失に対しては一切の責任を負いかねますので、よく調べて自己責任でお願いします

まず、最も安全な方法としてvmwareとかvirtualboxを使ってWindowsの上で仮想的にubuntuをダウンロードする方法があります

埼玉大学院理工学研究科・工学部 程研究室 Ubuntu 14.04jaのインストール


しかし、

ROSを使うにあたっては少なくとも私の環境では、外部のカメラとの通信がvmwareだとすごく遅くなって、使い物になりませんでした。

なので、自分の使っていた一つ前不要になったpcからWindowsを消して代わりに入れるのがいいと思います

Code Tips ubuntu 14.04 LTS のインストール


そんなpcないって人は

USBとかCDにubuntu焼くとpcをいじらなくてもできるので最初はこれで試すといいと思います

余白 Ubuntu14.04LTSをUSBメモリにインストールする


いや、そんな起動遅いのやってられないっていうひと、デュアルブートといって、Windowsとubuntuで分け合うことをやるしかないかもしれないです

操作を失敗pcが起動しなくなったりするほど危険なのであまりオススメはしません(私はこれでやってます)


kledgeb Ubuntu 14.04 インストール(UEFI) その1
から始まる一連の流れ

便利なブログを貼ってきましたが、cpuやグラボによって動作も変わってきてしまってなかなか大変です

私の場合、ubuntu を起動しても真っ黒に、真っ暗になってしまいました

そこそこ長くなったので続きは次記事

0 件のコメント:

コメントを投稿