2017/05/07

読書メモ:ウォール街のランダムウォーカー(原書第9版)

こんにちは!

お金持ちになりたいので投資本を読みました!







アメリカでは株の入門書として有名みたいです!

↑は最新版だけど、図書館では見つからなかったので古いのを読みました!

自分で調べた内容とかと合わせて要約すると、

1. アメリカ株の指数は長期的には(20-25年スパン)歴史上成長し、長期的なほどリスクはへる

2. 短期的には株価の変化の予測は専門家でも難しく、たまたまチャンスを掴むことはあっても継続は難しい

よって、売買手数料とかも考えると、月々少しずつ指数に連動するインデックスファンド(の中でも売買手数料無料で、信託報酬も低いもの)を買うといいよ!

っていう内容だった!

ここで、指数っていうのはアメリカだとs&p500、日本でいう日経平均です!

いろんな指数に分散するほどリスク(資産の上振れ、下振れ)も減るので、アメリカ株だけでなく、新興国、先進国の株、それぞれの債権、REIT、を自分のリスク許容度に応じて組み合わせるといいみたい!!

例えば、日本から先進国株の指数を買いたいなら、

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

日本株の指数を買いたいなら、

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

日本債権の指数を買いたいなら、

<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド

とかがあるみたい!

インデックス ブログで調べるといろんな人のブログが見つかります!!

確定拠出年金は完全にこれに則っているので、

確定拠出年金ってなんだ?ってなりながらやっている人は調べてみるといいかもしれません!

僕はインデックス積立投資はじめて見ようかなーって思います!

投資は損する可能性もあります!よーく考えてよーく調べて、自分の理解できることを、自己責任でお願いします!!

以上です!また!!

0 件のコメント:

コメントを投稿